トップページ >  > 原料数が多いグリーンスムージーを選ぶなら

原料数が多いグリーンスムージーを選ぶなら

グリーンスムージーはどれも見た目が似ているし、購入した粉末のものなら含まれている成分も大体同じなんじゃない?と、初めて飲もうとする人は思うはず。 それもその通り、実はグリーンスムージーの原料はそんなにどれも大差ありません。
基本は野菜、フルーツ、野草、海藻、穀類。 もっとも、手作りではなかなか何十種類も加えることはできないし、野草なんて日常的には手に入りづらいものばかりなので、 粉末タイプならどれを選んでもOKとも言えます。 じゃあ原料はどこで差をつければよいのか?
比較した結果、含まれている原料の数という答えにたどり着きました。 原料数は平均すると1袋に100種類ほど含まれているんですが、実は1位と5位の原料数の差は165種類も開いていました。


165種類も含まれているものと含まれていないものがあるなら、当然多く含まれている方がお得で、より多くの栄養素を一度に摂り入れることができますよね。原料の種類には大差がないグリーンスムージーは、原料の数で良いものと良くないものを見極めていきましょう。

含まれている原料数は多ければ多いほど効果に期待が持てるし、よりお得な感じがしますよね!人気のグリーンスムージー5商品を原料数で格付けしてみました。

順位 商品名 原料数 評価
ミネラル酵素
グリーンスムージー

272種類

ミネラルと酵素をダブル配合!ダイエット、美容、健康すべての目的が果たせる万能スムージー。

アサイー
レッドスムージー

216種類

レッドなので少なそう...と思いきや、意外と原料数が豊富!カシス、ザクロなど赤系の果実へのこだわりを感じます。

ベジーデル
グリーンスムージー

172種類

予想よりも少なく、量より質?という印象ですね。それでも種類は豊富なので悪くはありません。

グリーンベリー
スムージー

160種類

酵素、ビタミン、ミネラルのバランスが◎。お腹が膨らむ成分もたっぷり配合で腹持ちがイイです。

お嬢様GREEN
スムージー

107種類

さすが酵素飲料メーカー、こだわりのエキスがたっぷり。けれど原料数は意外と少なめでした。

原料数1位はミネラル酵素グリーンスムージー

コスパが安いことでも人気のミネラル酵素グリーンスムージーですが、含まれている原料数はなんと272種類。酵素ドリンクを飲んでいた経験のある私にすると、その3倍ほどの原料数で驚きました。
5商品で比較すると、5位のお嬢様GREENスムージーとの差は165種類。こんなにも違えば、一度に摂り入れることのできる栄養はかなり違いますよね。どのグリーンスムージーよりも効率よく体に栄養を与えてくれるのは、断トツ1位のミネラル酵素グリーンスムージーでした。


No.1グリーンスムージーが分かる!比較ランキング

グリーンスムージーを4つのポイントで比較しました
 価格の安さで比較

毎日飲みたいものだから、ダイエット費用はできるだけ節約しよう♪コストを抑えられるのはどれ?

 飲みやすさで選ぶ

味が美味しいグリーンスムージーはどれ?飲みやすさを重視してみると、意外な結果となりました!

 グリーンスムージー早見表

最も重要な【カロリー・費用・飲みやすさ】のポイントで人気グリーンスムージーを比較しました。

一番酵素がたっぷり含まれたグリーンスムージーはどれ?置き換えダイエットが楽になる栄養満点のグリーンスムージーですが、よく比較すると商品ごとに酵素原料数の違いが大きくありました!野菜メインなのか、果物メインなのか、どんな効果を期待するかによって、選ぶべきグリーンスムージーが変わります。