トップページ >  > グリーンスムージーを手作りした時のデメリット

グリーンスムージーを手作りした時のデメリット

手作りのデメリットは意外とたくさん!

グリーンスムージーを手作りした場合のデメリットとして、使う材料が偏ることで栄養も偏ってしまう点があります。市販のグリーンスムージーでは、様々な野菜や果物を材料にして栄養のバランスを整えていますが、手作りでは材料の種類が少なくなりがちになります。このとき、単に種類を増やせば良いというものではないため、材料の選別が必要です。しかし、材料の組み合わせによっては、それに含まれる酵素によって成分が破壊されてしまうこともあり、素人ではこれらを考慮した上で材料を選別するのは難しいです。 作り方としてはミキサーに材料を入れるだけですが、作った後にミキサーを洗うのに手間がかかります。また、ミキサーも何でも良いのではなく、できれば低速のものを使うようにします。高速のものでは摩擦熱によって材料が酸化したり、酵素が効果を失ってしまいます。 作り置きができないのもデメリットになります。

ミキサーにかけたあとは材料の酸化が進み、見た目も味も悪くなっていくため、すぐに飲む分だけ作る必要があります。 ダイエットとして利用する場合にはカロリーも重要になりますが、カロリーが把握しにくいのもデメリットになります。


グリーンスムージーは手作りするのが人気!だけど、デメリットがある事も知っておきましょう。「野菜やフルーツを購入してミキサーでシェイクするだけ」と、一見簡単そうに見える手作りグリーンスムージー。ですが、手間の他にもコスパや栄養素にこんなデメリットが...!?こちらで詳しく解説しています。